調理実習のレシピ

ここでは糖尿病患者様の会【彩(いろどり)】で行った、調理実習のレシピをご紹介します。
会員の皆様のご希望で、低カロリー甘味料を使用した手作りスイーツもお出ししております。
ご家族の健康な食事作りにお役立てください。

〜手まり寿司で祝う ひな祭り〜 献立表

手まり寿司
煮 物
菜の花のお浸し
貝割れの吸い物
雛ゼリー

《食品の分類》《食品の種類》
表1穀類・いも・炭水化物の多い野菜と種実・豆(大豆を除く)
表2くだもの
表3魚介・肉・卵・チーズ。大豆とその製品
表4牛乳と乳製品(チーズを除く)
表5油脂・多脂性食品
表6野菜(炭水化物の多い一部の野菜を除く)・海藻・きのこ・こんにゃく
調味料みそ・さとう・みりんなど


献立名食品名重量(g)表1表2表3表4表5表6調味料塩分
米・昆布・酒3.6*
40.2
10*
0.6*0.6
マグロ薄切り150.25
イカ薄切り150.2
たこ薄切り150.2
鮭薄切り150.25
かんぱち薄切り150.25
レンコン150.1
人参5*
大葉少々*
しょうが少々*
つけ醤油5*0.8
大根40*
人参30*
こんにゃく30*
高野豆腐50.25
絹さや5*
8*1.28
10.05
10.05
125*
菜の花60*
1*
0.5*
40.64
1*
貝割れ25*
かつおぶし1*
150*
8*1.28
寒天0.8*
パルスイート※6*
125
抹茶1*
きな粉40.2*
黒ゴマ40.2
小  計3.71.600.20.40.34.6
195g(g)

 6.2単位=496Kcal

※パルスイート(味の素株式会社)とは 低カロリー甘味料のことです。

1日の指示エネルギー1200Kcal →(レンコン・鮭)手まり寿司を2個残しましょう
1日の指示エネルギー1300・1400Kcal →(レンコン)手まり寿司を1個残しましょう
1日の指示エネルギー1500・1600Kcal →献立表のまま頂きましょう
1日の指示エネルギー1700・1800Kcal →低カロリーのネタ(貝類・海老等)で手まり寿司を1個増やしましょう

主食はそれぞれ指示エネルギーに合った量をいただきましょう



〜手まり寿司で祝う ひな祭り〜 レシピ

手まり寿司
〜材 料 (5人分)〜
(35個分)
すし飯・・・米3合(砂糖大さじ2 酢大さじ6 塩ミニさじ1)
鯛薄切り  5枚   まぐろ薄切り  5枚   たこ薄切り 5枚
鮭薄切り  5枚   カンパチ薄切り   5枚  ガ リ    適 量
花形人参  5枚   薄切りれんこん  5枚   (1人・・・7個)
【合わせだし】
だし汁・・・100cc ・ 淡口しょうゆ・・・小さじ1
砂糖・・・大さじ1 ・ 酒・・・大さじ1
みりん・・・大さじ1 ・ 塩・・・ひとつまみ

 
作り方

1. 炊き上がったご飯を桶に移し、熱いうちにすし酢をかけフタをして1〜2分蒸らす。その後、うちわで扇ぎながら 切るようにして混ぜ、余計な水分を飛ばす。

2. 花形人参・薄切りレンコン・は合わせだしで5分煮て、そのまま冷やす。

3. すし飯の荒熱が取れたら、35個に分けて軽く握っておく。

4. 切ったラップに刺身を一切れずつのせ、わさびなどをぬり、その上からすし飯をのせてラップごと丸く形を整える。

5. バラン・大葉などで飾りつけ、皿に盛り付ける。

ラップごと丸く形を整える

一口サイズなので食べやすく、かわいらしいお寿司です。

煮 物
煮 物
〜材 料 (5人分)〜
大 根   花型 15個   人 参   花型 10個   こんにゃく  花型 10個
高野豆腐   花型 10個   絹さや   5枚
〜調味料〜
淡口しょうゆ大さじ2・1/3
A(みりん   小さじ1   酒   小さじ1   出 汁   3カップ)
作り方

1. 大根・人参は2?厚に輪切りし、高野豆腐はぬるま湯で戻しておく。

2. 絹さや以外の材料は花型でくりぬいておく。

3. 鍋に、出汁と調味料Aを入れ、落し蓋をしながら大根・人参・こんにゃくを15分程煮る。

4. 3にしょうゆを入れ、落し蓋をして30分ほど煮含める。

5. 材料を全部引き上げ、残り汁に高野豆腐・絹さやを入れ10分ほど煮含める。

6. 絹さやは色が悪くないうちに引き上げ、すべての材料を小鉢に盛り付ける。

花型に抜く時、手が痛ければ、布巾を使って保護しましょう。

菜の花のお浸し
〜材 料 (5人分)〜
菜の花300g
〜調味料〜
淡口しょうゆ   大さじ1   さとう   3g   からし   5g
だし   小さじ1
作り方

1. 菜の花・・・切り口を包丁で落とし、長さを2等分にする。

2. 沸騰した湯に塩を入れ、色よく湯がき 水にさらす。

3. 調味料をボウルで合わせておく。

4. 水切りした菜の花を、スコットタオルで水分をしっかりふき取り、3で和える。

5. 形よく盛り付ける。

和えてから、時間が経つと水っぽくなります。
食べる直前に和えましょう。

〜材 料 (5人分)〜
貝割れ   2.5パック   かつおぶし   1パック
〜調味料〜
だ し   750cc   淡口しょうゆ   40g
作り方

1. かいわれ…根を切り離し、きれいに洗う。

2. 鍋に入れた出汁にしょうゆで味付けし、沸騰させたところにかいわれを入れる。

3. かいわれの色が変わらないうちに 椀に注ぎ、かつおぶしを天盛りする。

雛ゼリー
雛ゼリー
〜材 料 (6人分)〜
〔水750cc 寒天5g入り1p パルスイート60g〕
抹茶 小さじ1/2  きな粉24g  黒ゴマ24g
作り方

1. 基本の寒天液を作る。鍋に水と粉寒天を入れ火にかけ、中火で時々かき混ぜる。

2. 1が沸騰したら弱火にして2〜3分そのまま火にかける。

3. 2にパルスイート入れて溶かす。

4. 基本の寒天液を、3つの小鍋に移し、ダマにならないよう水溶きした抹茶・きな粉・黒ゴマをそれぞれ混ぜ入れる。

5. 透明なカップ6個に、均等に抹茶寒天を流し入れる。

6. 5が固まったら、熱いきな粉寒天を抹茶寒の上に流す。

7. きな粉寒天が固まったら熱い黒ゴマ寒天を流し入れる。

8. 荒熱がとれたらラップをして冷蔵庫で冷やす。

バットに流し固め、6等分に切り分けても良いです。
切った後、時間が経つと寒天から水気が出るので注意しましょう。


レシピ一覧へ戻る
このページのトップへ戻る