当クリニックについて

ご挨拶

昭和56年4月に個人開業した「園田クリニック」は、平成元年9月から医療法人「彩苑会 園田クリニック」に衣替えし、約20年前から糖尿病患者様方にクリニックスタッフも加わって、糖尿病患者様の会「彩(いろどり)」を結成するなど地域医療に邁進して30年近い歴史を刻もうとしております。

この間 わが国の疾病構造は大きく変化し、感染症をはじめとする急性疾患から、糖尿病等に代表される生活習慣病などの慢性疾患の増加が顕著となって参りました。

わがクリニックのスタッフの目標は、患者様一人ひとりのニーズを大切にすることです。患者様が心身ともに健やかで高い満足感が得られるように、健康面でのお手伝いをしたいと考えております。立場を超えたふれ合いを大切にし、患者様の生涯の理解者として、人間本位の医療を貫くことが私どもの共有する思いであります。
園田クリニックのスタッフ
医師2名 看護師6名 管理栄養士1名 その他5名

クリニックの歴史

昭和56年4月13日 園田クリニック開院 有床診療所(19床)
医師2名 看護師7名 栄養士1名 その他8名
平成1年9月4日 医療法人 彩苑会に変更
平成1年11月26日 糖尿病に対する正しい予防・治療についての知識を習得し、相互の親睦を目的として
園田クリニックの患者様対象の友の会【彩(いろどり)】を設立。
クリニックのスタッフも積極的に参加する。
平成10年11月1日 病床変更
医療療養型病床群(10床)、一般病床(3床)
それに伴う患者食堂・談話室・浴室・機能訓練室の増改築
平成17年3月1日 入院病棟閉鎖 無床診療所へ移行